社長ブログ|ITコンサルティング・CRM導入はビジネス アソシエイツ[BA]

English

03-3568-4558

メールでのお問い合わせ



ビジネスアソシエイツ[BA]

経営者とトライアスロン(と私の場合。)

カテゴリ:社長ブログ

ここ数年、経営者がトライアスロンというスポーツをするのがブームです。「必修科目」とまで言われることもあります。

元はといえば、米国などでワークアウトしているのが経営者として当たり前、という風潮があって、日本でもタフで健康なことは必須条件になってきました。

それが最近は、有名経営者で、ローソンの玉塚さん、元ベネッセの原田さん、フランフランの高島さん、USENの宇野さん、、あ、ホリエモンさんも。挙げるときりがないくらい、トライアスロン愛好家がいらっしゃいます。

親しいお客さんは皆さんご存知ですが、私も「トライアスリート」(やる人をこう呼びます)のひとりです。気がつけばもう数十レース出ているので、まあやっている方だと思います。

経営者はなぜトライアスロンをやるのか?みたいな話は、本も出ていますし色々なところで語られてきていますが、ここでも経験者として少し書いてみたいと思います。

 

よく言われるのが、

・スイム、バイク、ランの3種目あって、やることが多い分戦略性が求められる

・忙しいなか練習もしないといけないので、セルフマネジメント力が向上する

・困難なものに挑戦するので、チャレンジ精神を刺激される

・あとは、仕事を離れて仲間ができる

こういう点から、マネジメントとの共通点や有意義なところがあって、はまる人が多いと言われます。基本的にはすべてよく分かります。

高い目標を自分で決めて、先の見えないなかで手を打って成果を出していく、というところ。そういうシチュエーションが好きな人が経営にもトライアスロンにも手を出すのでしょうね。

実際にやると分かるのですが、単に体力があればいいのではなくて、種目間のトランジションや途中のエネルギー補給、コース取りやペース配分など、実に様々なことが隠れています。

練習メニュー、道具、食事・体重など、レースに向けていくら準備してもしすぎることはなく、結果うまくいったらOKですし、何かトラブったとしても対策を講じる、その辺はマネジメントそのものです。PDCAそのものです。

 

あと練習時間については、私は「1日40分捻出」が目安でした。

平日は仕事は忙しいですし、子供が小さい頃なんか週末は全く使えないし、時間捻出はなかなか大変でした。

でも、お付き合いだけの飲み会を減らしたり、早起きや空き時間の利用で何とかするというタイムマネジメント。この自己管理は結構鍛えられましたね。

大企業の皆さんは私なんかよりずっと意思決定すべきことが多いので、そんななかでもトレーニングする、相当のセルフマネジメントをされていると思います。

 

でもやはり、なぜやるの?への一番の答えは「挑戦し続ける」ということかな思います。

事業をやるような人はおそらく、「何か必死でやること」が常にないと生きていけないものなんじゃないでしょうか。全て自己責任の世界で。

基本、トライアスロンも自分との戦いですから、すべては自分次第。それを前提に、長い距離やハードなものへの挑戦をする人もいるし、競技志向の人にはランキング制などもあって、何か目指すならいくらでも機会があります。

なかなか大人になると、スポーツで優秀な成績というのを得られるチャンスなどないのですが、「こんな自分でもそこそこ行けるのではないか?」という感覚を持って、自己改善しながら挑戦し続けられるのは、このスポーツならではかもしれないです。

私の場合は、競技志向でランキング目指して取組んでおり、努力が成績に結び付くことを経験して、いい夢見させてもらえたと思っています。

 

あとは、そうですね。つらいことをして精神のバランスを保つようなところもあります。

トレーニングもレースもつらいわけですが、自分は「いやなことがあると、もっといやなことで上塗りする」という考えなので、「このきつさに比べれば・・・」という感じで、仕事の悩みを自分のなかで小さなものにできたので、実はとても意味がありました。

これは確かUSENの宇野社長もどこかで言ってました。。意外といらっしゃるようです、こういう考えの方。

 

私なりにトライアスロンのいいところを言うと、こんなところでしょうか。

もちろん、やりすぎると良くないところもあります。怪我、疲労、老化、日焼けとか、家族との関係とか、、そのあたりは要注意ですが。

経営者に限らず、ビジネスをやっている人には、やはりこのスポーツは自分を磨くのにお薦めだと思います。若いうちは飲み歩き、ゴルフも散々やり、40代になってマラソンやトライアスロンなどを始める、、順当な成長過程かもしれません。

機会があれば是非やってみください。興味をもっていただける方がいたら嬉しいです。

ここに書ききれないくらい色んなことがあるので、言ってくれればいつでもお話しますよ。

自分たちで作ったチームのみんなと。個人スポーツですがチームでやったりします。

 

 

 

 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このページの先頭へ戻る