Marketoを早期に導入したい

自社運用を視野に入れた
Marketo導入ワークショップを実施

従来の製品起点の事業のくくりから、セグメントを見直し、組織や業務も新たなモデルに移行しているなかでのMarketo導入でした。
そういう背景なので、経営陣からのMarketoへの期待も高く、戦略を実現するツールとして位置づけ、選抜メンバーによる取組みがスタートしました。
当社のコンサルタントもMarketoの専門家としてだけではなく、事業や製品を理解して望ましい形にすることが重要でしたので、社長と営業担当役員へのヒアリングからスタートをしました。

Client Data クライアントデータ

業種
計測機器メーカー
部門
営業部門、マーケティング部門
社員規模
1000人~

クライアントの課題

  • 社内に存在する顧客データを一元管理して効率的なマーケティング活動を行いたい
  • 新市場、新規顧客開拓にMarketoを活かしたい
  • Marketoを早期に使えるようにして自社運用もできるようにしたい

解決策

  • 6週間のMarketo導入・活用ワークショップを実施
  • 直近予定をされているイベントをトライアルとして、前後でMarketoを活用
  • 組織横断のワークショップにより関係者を啓蒙

具体的な施策

ワークショップは各回、2部構成。前半はどういう活動・どういう設定にするか、という検討。後半は対象者を絞ったMarketo設定の実践、という形で行いました。
限られた回数で理解を深め、かつ実働に則したものにしていくのは難易度が高く、ゴールを意識しながらも進め方を柔軟に軌道修正することが重要でした。

Business Results 成果

  • Marketoを活用した業務や運用のための各部門の役割分担のイメージが共有できた
  • 自社運用を進めるための準備が整った

担当コンサルトによる振り返り

短期間のワークショップなので、できることはごく一部でした。ただ、その先にお客様自身が運用されることを考えると、その一部だけでは全然足りません。
事業や製品をよく理解して、トライアル後の拡がりを頭に入れたうえでプログラムを組み立てたことで、継続活用の土台を作ることができたと思います。

ビジネス アソシエイツへのお問い合わせ、ご相談、
お見積もりのご依頼などお気軽にお問い合わせください。