代表挨拶|ITコンサルティング・CRM導入はビジネス アソシエイツ[BA]

English

03-3568-4558

メールでのお問い合わせ



HOME > 会社案内 > 代表挨拶

代表挨拶

ビジネスアソシエイツで一緒にチャレンジしてみませんか?

企業の柱となる収益貢献に関わる
ご支援をし続ける

代表取締役 横山彰吾

私は20代後半に経営コンサルタントとしてのキャリアをスタートしました。それまで事業会社で営業職だった私にとって、そこは憧れの世界であり、ビジネスのプロフェッショナルを目指すうえで欠かせないステップでした。

 

クライアントの成功のために日夜働き、数々の思考法や問題解決手法を身につけていく充実した日々を送ってきた半面、どうしてもしっくりこない部分がありました。

 

「この仕事は本当に顧客の役に立っているのだろうか?」という疑問です。

 

あるテーマがあって、それをこなしていく。それはそれで重要ですが、なかには成果には程遠い仕事や、明らかに形だけの仕事もありました。

 

顧客と一線を画したスタイルでは、顧客満足と成果追求には明らかに限界がある。これが憧れの世界の現実であり、コンサルタントの仕事とはそういうものでした。私が事業会社出身であったからこその疑問だったかもしれません。

 

こういった原体験を通じて、ビジネスの目的が明確に「お客様が成果を得ること」となりました。自身の売上・利益はそれについてくるものです。

 

その実現手段として、「コンサルティングスキルのある人間がクライアントと共に働く姿」。これをイメージして成果を目指しています。

90年代以降、IT関連の大きな波は、基幹システムやセキュリティ・内部統制など、守りのITが多かったように思います。そんななかで、収益確保に貢献するマーケティング・営業部門の強化が後回しになることもありました。

 

しかし言うまでもなく収益確保は何を置いても重要なもので、どんな経営状態であっても何らかの進化・発展を続けることは必須で、その部分に注力してきたのが弊社です。

 

「企業の柱となる収益貢献に関わるご支援をし続ける」。これが弊社の事業の軸です。

 

この領域が、最近の一般的な言葉でいうと、CRM/SFAというものになります。さらに昨今はデジタルマーケティングやマーケティングオートメーションが重要な役割を果たすようになってきました。

 

ただこれらの変化のなかで、ツールだけを手にしても成果が出ないことや、余計に悩みが増えるということも経営の現場では起こっています。まさに今は営業・マーケティングのやり方の転換点に来ているといえます。

 

長くこの世界に関わってきた立場として、今この状況下で道標になることが私たちの使命であると考えています。

 

「最先端の手法を企業にとって使える形にして、マーケティング・営業機能を進化させる」。この実現が私たちのゴールのひとつです。

 

新しいことへの挑戦、困難な課題の解決、そういったことに直面されている企業の方々と一緒にお仕事をすることが最もやりたいことです。これからも皆様にお役にたてるよう、常に純粋な気持ちと、高い基礎スキルと、新しいことへのアンテナを持って、よいサービスを提供し続けていきたいと思っております。

横山彰吾

会社案内


このページの先頭へ戻る