Interview

マネージャー コンサルタント

野中 翔

Sho Nonaka野中 翔

2012年入社

前職:ITベンダでのシステム開発および保守運用

今のお仕事の内容を教えて下さい。

現在は2つの案件に携わっています。

一つは日系メーカのお客様の海外営業企画部門で、海外代理店の営業活動管理の強化や、業務効率化を目的に、CRM/SFAを含む営業支援システムを提供していく仕事です。「システムの提供」ではありますが、ただ単に「システムを導入する」だけではなく、本来の目的が達成できているか否かをモニタリングし、できていない場合に課題が何かを洗い出し、それに対してどのような解決策があるかを検討、必要な手を打っていく、といったことをメインにしています。

もう一つは、別の日系メーカのお客様なのですが、グローバルでマーケティングを統括する部門で、マーケティングオートメーション(MA)を全世界の拠点に展開していく仕事です。こちらは実際にMAツールを導入する部分ではなく、全体の戦略を決めたり、本社と各拠点の役割分担をどのようにしていくか検討、拠点に対して説明し合意していく、という比較的上流の領域での仕事です。


今のお仕事でやりがいを感じるのはどんな時ですか?

CRM/SFA導入、定着・活用の仕事では、海外代理店/国内の業務担当者、IT担当者等、プロジェクトの関係者が多くいる中で、仕事を組み立て、協業しながら進めていく必要があります。部門間で考えや要望が異なるためになかなか思うように進まないという場合もあります。粘り強く調整しながら推進、プロジェクトを完了させ、例えば、実際に海外代理店のマーケティング部門、営業部門のユーザの仕事が狙い通りに効率化された時などには、大きなやりがいを感じます。

グローバルでのMA展開の仕事では、本社の他部門や各拠点の意向を踏まえた上で、全体最適と個別最適のバランスを取りながら落としどころを見つけていく、という自分にとっては難易度の高い部分も多いですが、現場で様々なことを吸収しながら、進めています。日々成長を感じながら仕事を進めていける点は自分にとっては大きなプラスです。

“BAのよさ”ってどのようなところだと思いますか?

規模の小さな会社ですが、お客様や案件の内容は大手のファームと比べても見劣りしません。そういった案件に入って、今までの経験を活かしながら新しいことに挑戦できるのはBAのよさの一つだと思います。

また、BAは仕事の「基本」を大切にする会社だと思います。「仕事はエンドから考える」など、基本を疎かにすると、確実に突っ込みが入ります(笑)。自分の土台としての「基本」が身に着くのはよい点の一つだと思います。意外に出来ていない人も多いですからね。


Schedule ある1日のスケジュール

  • 9:00

    出社

    お客様オフィスに出勤。案件掛け持ちのため、曜日によって朝出勤する場所も違います。

  • 10:00

    チームメンバーのタスク状況の確認

    各チームメンバーのタスク状況を確認し、作成した資料をレビューします。進める上での課題があれば、相談にものります。

  • 11:00

    お客様との打ち合わせ

    お客様と議論しながら課題を整理し、今後のアクションに落とし込んでいきます。

  • 12:00

    移動⇒ランチ

    時間がない場合は、移動の合間にさっとランチをすませることもあります。関西人ですが、うどんよりもソバの方がうまいと思うようになってきました。

  • 13:00

    社内で新人のオリエンテーション

    この日は自社オフィスに戻り、新たに入社したスタッフにオリエンテーション。チームのサービス内容や業務について説明します。

  • 15:00

    お客様との打ち合わせ(ワークショップ)

    別のお客様オフィスに移動して、打ち合わせ。
    時にはお客様に積極的に参加してもらいワークショップ形式で進めることもあります。

  • 18:00

    採用面接

    どのようなスキル/ポテンシャルがありそうか。チームのメンバーとしてどのような仕事が任せられそうか。そんなことを考えながら面接します。いい人が多いので、判断は毎回迷います。。

  • 19:00

    退社

    基本は早く帰って、家族と過ごす時間を大切するように心がけています。