グローバル視点での、全体最適と個別最適の同時実現

グローバルMA/CRM

顧客接点に関わるMA/CRMは、
本来グローバルでみた市場全体に向けての取組みです。

グローバル企業において、各国の顧客に一貫したエクスぺリエンスを提供したり、共通のプロセスで業務を行うことは、
ブランディングや効率の面においても望ましいことです。
しかし、文化や資本関係の違い、市場ポジションの違いなどで、各国で同じことをするのは逆効果になることも多いです。
そういった個別の事情も考慮しながら、グローバルで最適なMA/CRMの活用モデルを確立するのがこのサービスです。

Approach アプローチ

  • 各国の特性や、ツールの活用状況の理解
  • それを踏まえて、本社として考える共通部分と個別部分の切り分けを実施
  • 必要に応じて、各国現場に赴いたり、本社スタッフとのディスカションを行うなど、理想だけでない「現場主義」での企画
  • ルール/ガバナンスのモデルを各国で合意し、その運用までご支援

Service Items サービスアイテム

グローバルCRM

CRMの機能に応じて、グローバル共通部分と各国個別部分の切り分けを行い、それを前提に順次各国導入をしていきます。モデル拠点の選定や、各国の理解促進がポイントとなります。グローバル案件に慣れたスタッフが一連の業務をご支援します。

グローバルガバナンス

MAであれば各国の共通施策/個別施策、さらにはプロモーション用のアセットの管理などを。CRMであれば、顧客・活動・案件などのデータ活用の共通部分と個別部分の範囲などを決め、実際にその通りに運用をしていくところまでご支援します。

Achievement 期待効果

  • 短期間でのMA/CRM複数国展開(例:3年で10カ国)
  • グローバルで共通の施策を効率的に行うことができる。
  • 各国固有の事情を考慮した、MA/CRMの導入・活用が可能になる。
  • MA/CRMに関して高い費用対効果が得られる。
  • 国をまたいだマーケティング・営業メンバーのコミュニケーションが深まり、ナレッジ共有が深まる。

ビジネス アソシエイツへのお問い合わせ、ご相談、
お見積もりのご依頼などお気軽にお問い合わせください。