何のためにMAやCRMを導入するのか?どういう効果を期待するのか?
それらを明らかにするための戦略を策定します

デジタルマーケティング戦略

マーケティングは、“やりながら考える。” 
・・・だからこそ、軸となる方針や戦略が重要です。

デジタルマーケティングは新しい分野なので、やってみて何ができるか見極めながら進めていく、
というアプローチが採用される傾向があります。

それは有効な手段ですが、一歩間違うと一貫性のない取組みの寄せ集めになって効果が半減してしまいます。

まずは軸となる、「目的」や「期待効果」さらにそこへの「道筋」を考えて合意形成をすることが必要です。

実行に結び付く、地に足の着いた戦略立案をご支援いたします。

Approach アプローチ

  • 戦略として、何を明確にするかを決定
  • 「顧客の理解」と「企業として提供したい価値」から、各種検討手法を用いてマーケティングのあり方を検討
  • 必要に応じてワークショップ形式でお客様と共にアウトプット
  • 経営陣への起案と合意形成を実施

Service Items サービスアイテム

カスタマージャーニー

想定される顧客のペルソナから、興味関心~購買~活用、といったユーザー行動全体を描きます。

具体的な顧客の実例で検証を行い、納得感のあるカスタマージャーニーマップを策定することが重要です。

マーケティング戦略

顧客主導の時代であることを前提に、より顧客とのエンゲージメントを高めるために、マーケティング機能の範囲や具体的なタッチポイントで顧客の心をどのように動かすかを検討します。また、必要に応じて組織設計や必要スキルの定義も行います。

CRM戦略

人・デジタル含め、あらゆる接点で効果的なアプローチをするためには、CRMのようなしくみでデータを蓄積・活用することが重要です。

ツールに縛られずお客様企業にとって最適なCRMのあり方を考えます。

SNS/Web広告戦略

デジタルマーケティングに取り組むと、リード創造等でSNSやWebサイトは欠かせないものとなります。それら単体ではなくマーケティングの一環として位置付けて最適な使い方を企画し、必要に応じて運用支援を行います。

Achievement 期待効果

  • 曖昧になりがちな「マーケティング」の定義が明確になる。
  • 拠り所となるものができるため、個別の取組みの位置づけが明確になり、ブレが生じにくくなる。
  • 関連各部門のゴールと会社としてのマーケティングのゴールの整合を図って、部門横断の取組みが進みやすくなる。
  • 予算の策定や、経営陣への起案などをするうえでの材料が揃う。

ビジネス アソシエイツへのお問い合わせ、ご相談、
お見積もりのご依頼などお気軽にお問い合わせください。