カスタマージャーニーマップ作成支援|ITコンサルティング・MA・CRM導入はビジネス アソシエイツ[BA]

English

03-3568-4558

メールでのお問い合わせ



HOME > サービス > コンサルティングサービス > カスタマージャーニーマップ作成支援

カスタマージャーニーマップ作成支援

“ユーザー主導時代のマーケティングに欠かせないステップ”

 

近年の、デバイス多様化、情報チャネル多様化にともない、あらゆる分野で商品・サービス選定の主導権が顧客に移ってきています。そういうなかで、企業が最適なマーケティング施策を講じるために、顧客の気持ちや行動が、何に触れてどのように変化していくのか、というファクトを知ることが益々重要になっています。

そのための方法論のひとつである、顧客の行動を「旅」に見立てた「カスタマージャーニーマップ」を作成することが欠かせなくなってきています。弊社のコンサルティングスキルを活かし、その作成プロセスを加速することを支援いたします。

お客様のお悩み

  • マーケティングオートメーション導入に先立ち、シナリオを作りたいがどのように進めればよいか分からない。
  • 「カスタマージャーニーマップ」の例は見たことがあるが、自社の顧客で実際に作るのはイメージが湧かない。
  • デジタルマーケティング、コンテンツマーケティング等に取組んでいるが、個々の活動に目を奪われてしまい、一貫性がなくどこに向かっているか分からない。
  • メール、ウェブ、モバイルなど、タッチポイントの充実を図りたいが、それぞれの有効性やKPIを判断する軸がない。

矢印

ビジネス アソシエイツが考えるあるべき姿

  • 全ての対顧客活動が、ユーザー視点で合理的に説明できるようになっており、顧客接点に関わる部門で共有されている。
  • 企業の個々のタッチポイントに関わる人が、それらがどういう目的でKPIが何であるかを理解している。
  • カスタマージャーニーマップが作られて終わりではなく、マーケティングオートメーションなど、各種タッチポイントの強化・充実に活かされている。

矢印

ビジネス アソシエイツの方法論

  • 「ユーザー視点」がすべての基本と考えます。企業側の思いこみを排除し、ユーザーの立場を徹底して検討します。
  • 扱い商品・サービスや顧客によって、ジャーニー作成の望ましい枠組みは異なります。有意義なアウトプットになるようフレームワークから考えます。
  • カスタマージャーニー作成の先にある目的を重視します。ジャーニーマップ作成を分析とみなしそこから得られる「インサイト」が最も重要と考えます。
  • タッチポイントのTo-Be検討においては、ユーザーのAs-Isにとらわれすぎず、企業側がユーザー経験を変えていくような「革新性」も視野に入れます。
  • ワークショップ形式、コンサルティング形式など、柔軟な形態での作成支援をします。必要に応じてユーザーエクスペリエンスの専門家も交えたチーム編成が可能です。


サービス


このページの先頭へ戻る