ユーザビリティ(SkyVisualEditor)、IoTをテーマにした2つのSalesforce海外展開事例を公開しました|ITコンサルティング・CRM導入はビジネス アソシエイツ[BA]

English

03-3568-4558

メールでのお問い合わせ



HOME > お知らせ一覧 > ユーザビリティ(SkyVisualEditor)、IoTをテーマにした2つのSalesforce海外展開事例を公開しました

ユーザビリティ(SkyVisualEditor)、IoTをテーマにした2つのSalesforce海外展開事例を公開しました

本社主導で海外拠点にSalesfore導入~展開を進めていて気になるのが、海外拠点での活用度の向上、それに伴う業務効率向上、効果的な営業活動の実現ができているのか、という点です。

海外拠点でのSalesforce導入の効果を最大化するためのポイントは、現地ユーザの要望をできる限り実現し、アプリケーションをできるだけ使いやすいものにし、Salesforceの活用度向上を図ることで、結果的に現地営業活動の効率化・高度化を狙うということがポイントです。

そこで、今回は新たに、「SkyVisualEditor」を使いユーザビリティを重視した承認申請プロセスの海外拠点への導入事例と、新しい取り組みとして機械からの稼働情報(IoT)を活用した営業活動の仕組みをSalesfroceで実現した、2つの事例を公開します。

どちらの事例も「現地ユーザ・営業担当の役に立つこと」を重視した取り組みとなっており、これから、または現在Salesforceの海外拠点展開を進めている方の参考になれば幸いです。
 
海外機械販売会社向けSkyVisualEditorを用いたワークフローシステム導入
海外機械販売会社向けSalesforceを使ったIoTの仕組みを導入


このページの先頭へ戻る