大手環境関連メーカーにおける個別トレーニング|ITコンサルティング・MA・CRM導入はビジネス アソシエイツ[BA]

English

03-3568-4558

メールでのお問い合わせ



HOME > 導入事例 > Marketo導入・活用支援 > 大手設備機器メーカーにおける個別トレーニング

大手設備機器メーカーにおける個別トレーニング

”自走”に向け、個々のお客様向けにカスタマイズされたトレーニングをご提供

 

環境分野で世界的に活躍しているメーカーに対して、Marketoトレーニングと、運用サポートをご提供しました。

Marketo設定は初めてのお客様

今回のお客様は、環境関連メーカーのマーケティング部門に所属する3名様。日常業務でパソコンは使うものの、これまでにMarketoで設定作業など行ったことが無い、Marketo活用のスタート地点に立たれている皆さまでした。

これまでも、メールマーケティングなど実施してきましたが、今後はプラットフォームをMarketoへ移行し、ナーチャリング施策も実施していきたいというご要望でした。社内でMarketo本格運用を目指し、運用を担うことになったのが、この3名様です。

 

Marketoを活用することは決まったものの、社内では誰もMarketoを触ったことが無く、いきなり活用しろと言われても無理な話です。何を勉強すればよいのか?どこから手をつければよいのか?勉強した後に実際の設定をしなければならないが、問題が起こったらどうしよう?

このような、導入当初の不安や課題を解決すべく、ご案内したのが、Marketoトレーニングと、Marketo運用サポートです。

Marketoエキスパートのインストラクター

今回、Marketoトレーニングを担当することになったのが、Marketo認定エキスパートの資格を持つスタッフを中心としたスタッフ2名。Marketoが日本で普及し始めたころからの経験者で、コンサルティングから導入・運用まで数々のプロジェクトを行ってきたメンバーでした。
「運用サポート期間終了時には、お客様で “自走” できるようになって欲しい」
これが、これまでの経験からくるチームとしての想いでした。

個々のお客様に最適な形でカスタマイズされたトレーニング


トレーニング内容は、Marketo Basic、Marketo活用実務の要件定義編、設定編、これら3本でした。2日間に渡るトレーニングでは、実際にMarketoを触って理解を深めていただく形をとりました。

 

今回の実施のポイントとしては、「実際に実施を予定している施策を一緒に作ってみる」ということでした。

どのような題材でトレーニングを実施するかは、お客様に合わせてケースバイケースとなっています。今回のお客様では、既に実施を予定している施策が明確に存在したことと、実践的な内容である方が頭にも残りやすい、ということで上記内容としました。

 

 

実際にMarketoを設定しながらのトレーニングということで、設定の中で出てくる質問に随時お答えする形で進めました。質問には、入力フォームから他システムへの連携の仕組みから、メールテンプレートやランディングページ上での細かな設定に至るまで、多岐にわたりました。初めての設定ということで、つまずく箇所も多々ありましたが、こちらからのサポートだけでなく、お客様同士で助け合われるなどして、どうにか基本的な設定をこなしていただけました。

「自走」に向けた取り組み

トレーニングを終え、いきなり本番というのは不安なものです。習った通りに設定してみたけれども、本当に間違いはないだろうか?もし予定通りにメールを配信できなかったらどうすればいいのか?これらの不安要素を解決するためにご提供したサービスが、Marketo運用サポートです。細かな問い合わせから、設定の確認、代行まで、お客様が自走いただくことを目標にしたサポートです。

 

今後、お客様ではイベント管理、ナーチャリング設定など、Marketoの活用レベルを段階的に引き上げていく予定です。

 

 

| Marketo導入・活用支援導入事例 TOPへ戻る |

電話番号 メールでのお問い合わせ

導入事例


このページの先頭へ戻る