CRMを国内グループ企業に横展開したい

国内グループ会社への同一CRM基盤導入と
個社業務への最適化

複数の国内グループ会社でのCRM導入ニーズがあり、本社IT部門として国内グループ会社に同一CRM基盤を導入する方針が立てられました。
しかし、それら国内グループ会社の顧客や業務は大きく異なるため、単純な横展開では上手くいきません。
先行して導入した会社のCRMをプロトタイプとして要件定義に活用することで、効率のよい横展開を実現した事例です。

Client Data クライアントデータ

業種
リース
部門
営業部門
社員規模
100名~

クライアントの課題

  • 本社IT部門として、関連グループ会社に同一CRM基盤を導入したい
  • 同一CRM基盤を用いるが、各グループ会社での業務に応じた最適化を行いたい

解決策

  • 先行導入企業におけるCRM基盤をプロトタイプとしてユーザ検証により要件を明確化
  • グループ会社側の個別要望に対して、業務上の優先度を明確化した本社側への調整実施
  • 本社・グループ会社それぞれと、橋渡しとしてのコンスタントなコミュニケーションの実施

具体的な施策

すでに先行導入されたものをプロトタイプとして活用、イメージのズレを最小限にとどめながら要件を明確にしていきました。
また、グループ会社へのITガバナンスを効かせたい本社IT部門と、自社業務に最適なCRMを導入したいグループ会社業務部門とで意見が一致しないケースも少なくない中、間に入ってそれぞれとコミュニケーションを取りながら、落とし所を見つけていきました。

Business Results 成果

  • プロトタイプの検証型アプローチにより、初期導入の半分の期間での導入実現(経験済み課題を早期解決)
  • 各グループ会社での個別仕様を、モジュールとして他グループ会社にも横展開。(利用イメージが明確なことにより、判断・検討期間が短縮)
         

担当コンサルタントによる振り返り

2社目への導入は、1社目と顧客や業務プロセスも異なるので、同じくらいの期間を要すると考えられていましたが、周囲の予想に反して、期間を大幅に短縮して導入にこぎつけました。
また、これまで様子見だったグループ会社も、他グループ会社の導入事例をきっかけに、導入に前向きになっていただけ、スムーズな横展開につながりました。

ビジネス アソシエイツへのお問い合わせ、ご相談、
お見積もりのご依頼などお気軽にお問い合わせください。