イベント後のフォローアップフローを見直し、改善したい

イベント開催から来場お礼のメール配信まで
1ヵ月も要していた根本原因を解決

今回のお客様は、大きなイベントをMarketoで管理されている企業です。

Marketoを導入することで、イベントの実施、フォロー、営業へのリード引き渡し、更にはその後のCRMへの連携までを実施しており、それを、社内で運用。運用メンバーには、Marketo設定の知識を持つ方も複数おられます。

デジタルマーケティングにフォーカスした部署に、ITリテラシーが高く、Marketo設定の知識を有するメンバーが存在し、その彼らが中心となり、Marketoを活用して一連のイベント管理を実施しています。
Marketoの導入を考えられているお客様からすると、理想的な状態であり、ここに問題が潜んでいるとは想像がつきにくいかもしれません。

しかし、お客様ご自身には不安がありました。
一連のイベント管理を実施しているが、今のやり方がベストなのだろうか?これまで実施されてきた施策を継続的に実施しているが、それでよいのだろうか?

Client Data クライアントデータ

業種
通信
部門
営業部門
社員規模
200名~

クライアントの課題

  • イベント管理の運用フローに問題があり、適切なタイミングで適切なメールの配信ができていなかった
  • イベント来場者に対し、効果的なフォローアップが出来ていなかった

解決策

  • イベント開催後の業務フロー再構築とフォローアップシナリオの作成

具体的な施策

まず、関連部門へMAを活用した取り組みの理解促進を目的に、マーケティング活動全体におけるMAの位置づけの明確化、MAを活用した取り組みの説明を実施。関連部門の理解を得た上で、連携業務がスムーズに動くよう、イベント開催後の業務フロー見直しを実施しました。誰が、どのタイミングで、何をするのか、明確にした上で、関係者に情報を共有。

そして、イベント来場からフォローアップに至るシナリオを作成し、その中に、メール配信を通してコンバージョンを促すための施策を位置付けていきました。

ここで意識したことは、今後、お客様で”自走”いただくため、ノウハウをお客様社内にしっかりと残すということでした。

Business Results 成果

  • 来場お礼のメールが、イベント実施1週間後に配信できるように
         

担当コンサルタントによる振り返り

イベント管理の運用フローが改善され、イベント実施1カ月後に配信していた来場お礼のメールが、イベント実施1週間後に配信できるようになりました。また、そのメールに、イベントで使用したコンテンツのダウンロード情報を盛り込むことにより、来場者のメールへのアクションから、ホットリードの発掘も可能となりました。

その他、イベント来場者へ、パーソナライズされたアプローチを実施すべく、お客様主導で新たな施策が実施され始めました。新たな施策は、これまで単発で実施されていたものとは異なり、シナリオの流れやセグメンテーション内容を意識しながらプランされたものとなりました。

次のステップとしては、これら施策の効果、ファネルごとのマーケティングROIを見える化するための仕組み構築を予定しています。

ビジネス アソシエイツへのお問い合わせ、ご相談、
お見積もりのご依頼などお気軽にお問い合わせください。