Marketoを自社で運用したい

お客様用にカスタマイズした
特別集中トレーニングの実施で、
社内運用のクイックスタートを実現

複数部門でMarketoの運用を開始する際に課題となるのが、知見や操作方法の水平展開。今回のお客様も、この課題を抱えていらっしゃいました。

基本的な操作トレーニング受講済みのメンバーの方もいれば、そうではない方もおられました。ツールへの理解度にバラつきのあるメンバーへ、効率的に、しかもすぐに運用に着手していただけるようにするにはどうすればよいか?具体的な方法を検討したいと、BAへご相談をいただきました。

Client Data クライアントデータ

業種
化学品・自動車部品メーカー
部門
営業部門
社員規模
4000名~

クライアントの課題

  • 素早くMarketo自社運用に着手するために、メンバーに効率的、効果的に教育をしたい

解決策

  • Marketoの基本操作を会得し、シナリオの作成にフォーカスした、カスタマイズトレーニングを実施

具体的な施策

トレーニングの対象は10名以上。長く日程を割くことは難しいとのことで、トレーニング内容を1日に凝縮して実施。「基本操作を抑え、シンプルなシナリオを自分で動かす」ことを目標に、実践的なトレーニングを行いました。

すでにMarketoの基本操作を把握している方、まったく知識のない方など、様々なレベルの方々へ同時にトレーニングを実施するにあたり、必要に応じて、あらためてMarketoの機能概要の説明も追加。シナリオを実施するには具体的にどのような操作・機能が必要なのか?確認しながら進めました。

Business Results 成果

  • たった1日のトレーニングで、シンプルなシナリオ設計ができるように。
         

担当コンサルタントによる振り返り

トレーニング内容を踏まえ、最終的にシンプルなメール送信シナリオを作成。
このシナリオ、そしてトレーニングで習得した基本的な知識を用いることで、シナリオを発展させるベースができあがりました。

今回の、基本操作など「設定」寄りのトレーニングの他に、Marketoで施策を実施する際の「要件定義」にフォーカスしたトレーニングも、一部のメンバーには受講いただきました。
お客様の役割に応じて、要件定義と設定それぞれの知識を習得いただいたことで、今後、KPI設定も含めた戦略的なシナリオ設計へ進めていただけるようになったと感じています。

ビジネス アソシエイツへのお問い合わせ、ご相談、
お見積もりのご依頼などお気軽にお問い合わせください。