INTERVIEW 社員の声 & 1日の働き方

クライアントの
一歩前に進む心がけ

福地紳 Shin Fukuchi

入社年
2020年
前職
企画・広報・マーケティング
現職
シニアアソシエイト コンサルタント

JOB ROLE 担当業務

デジタルマーケティング領域を幅広く

デジタルマーケティングの分野にて、戦略から実務支援まで取り組んでいます。戦略では、新サービスの費用対効果試算・コンセプト検討などに取り組みました。他にはリサーチ会社と組んでユーザーのニーズを調査したり、ベンダーと要求・要件定義の検討なども行います。現在はWEBマーケティングチームのリーダーを務めており、広告・LP・SEO対策に取り組む機会も多いです。領域が多岐に渡るため、自分が漏れなく気を使えるように業務を組み立て、出来るだけ先行して進めるようにしています。ただ、先行させようとすると手持ちの知見だけで一方的に組み立てがちなので、お客さん事情に配慮して内容を調整することも意識しています。その意味でも、常に"一歩前"の状態を維持しておくということを心がけています。

同じ視座を尊重する文化に魅力を感じたため

ADVANTAGE 入社したきっかけ

同じ視座を尊重する文化に魅力を感じたため

前職では企画・マーケティング・広報を担当しており、デジタル×マーケティング領域をもっと極めたいと思ったことが最初のきっかっけです。加えて営業に同行するなかで、お客さんのために働きかける姿に羨ましさを感じることもありました。
マーケティングを極め、クライアントを支援したいと企業を探していたところ、偶然当社を知りました。
数ある企業の中で志望した理由は、どの社員も志望動機に対し、対等に向き合ってくれたことです。他の企業も並行して志望して比べられたことで、この点は顕著に感じました。
最初はコンサルタントの職業ゆえ、社員も“教える”スタンスが強いのではと先入観を持っていました。しかし、同じ視座で向き合う姿勢が面接で自然に表れている様子を見て価値観の浸透を感じ、そこに共感して入社を希望しました。

クライアント貢献と自己鍛錬の両立

MERIT BAで働くメリット

クライアント貢献と自己鍛錬の両立

他のコンサルタント会社でも実現できるとは思いますが、当社では両者を実現する機会が多いと思います。「相手の用語に合わせる」という社内でよく聞く言葉があるように、クライアントに寄り添う姿勢は社内細部にも行き渡っていると感じます。
コンサルタントと聞くと、課題解決能力を高めるイメージが強いと思いますが、当社ではそれに加え、どこまで同じ立場で考えられるかという点を重視しています。体力の続く限りどこまでもという力技でなく、お客さんの課題解決を一緒に、一所懸命取り組むことが大事だと私も考えています。
クライアント貢献・自分のスキル向上は振り返ると後からついてきていると感じることも多いです。クライアントワークにやりがいを感じ、自己成長も大きく目指したい方にとって、当社は合うのではと思います。

CHALLENGE 抱えている課題

クライアントが本当に感じている課題の見極め

課題の見極めは永遠のテーマです。例えばリード獲得ができていないと一言で言っても、要素は複数あったり、課題自体が時間経過で動くこともあります。その意味で精度を高める取り組みは日々行っています。
過去を振り返って大事だと思うのは、課題の見極めを“意識する”だけで終わらないことです。どの対策もそうですが意識に加え、取り組みに落とし込むことで改善も進むと実感しています。
その中でも私が大事だと思って取り組んでいることは、検討の節々で「普通に考えたら?」とワンクッション入れることです。クライアントと話している際にはよく、先方の話に引っ張られる、逆にこちらの意見を強く立ててしまうことがあります。そんな時、頭を冷却して俯瞰する意味でもこの考えは役立っていると思います。課題の見極め・作法も色々ありますが、なかでも検討する頭を適切にセットすることがまずは重要だと考えています。

DAILY SCHEDULE 1日のスケジュール

09:00

出社して10分は本を読むことが多いです。コンサルタント・業界知識などを学びます。

10:00

朝は自分で対応する業務・依頼業務を並行して走らせます。

特に依頼する業務はこちらから発信しないと進まず、遅延の原因になります。お願いする方の把握度に合わせ、依頼内容のボリュームは調整します。例えばメンバーに依頼する時でも、その分野に詳しい方には多少抽象度が高くても簡単な依頼で済ませ、そうでない場合には少し時間をかけて具体的にするなど、依頼に割くリソースの強弱は心がけます。

12:00

息抜きも大事なので休むときは休みます。 たいてい小説を読んでいます。

13:00

他の時間でも同じですが、節目の初めには頭をよく使うタスクに少し手を入れます。

大きめのタスクを他の業務途中に取り組もうとしても、切り替えにくくなるので意図的に少し手を入れます。たいていは5-10分ほど進めればエンジンはかかるので、自分の習慣とは相性が良い気がしています。自分のスタイルに合わせられる部分はストレスも減るので、それに合わせて業務に取り組むようにしています。

15:00

クライアントとの打合せが多い時間帯で、最近はWEB会議が中心です。

18:00

明日対応が必要なタスクの見直し、それに向けた下準備をして退社します

気の向くままにランニング

PRIVATE 休日の過ごし方

気の向くままにランニング

趣味がランニングで、基本的に週1で外を走っています。汗を流してスパへ、そしてビールというサイクルは最高です..!
昨年にはカメラを購入し、バッグに着替えとカメラを入れて、色々な場所を走り回っています(笑)
東京は駅の感覚が狭く、走っているとすぐに次の駅が見えてきます。ランニング中に地図を見ることは少なく、気付いたら渋谷にたどり着いていたこともありました。
走ることで体はリフレッシュしますが、興味のままに動くことで、頭のリフレッシュにもつながっている気がします。
また好奇心に体を動かさせることは、仕事にも追って良い影響を与えるのではとひそかに期待しています(笑) というのも、知らない街に行って新しいサービス・商品を流れで目にすることも多いので、自分の知見を蓄えることに一役買っているのではと感じています。

弊社含め、色々な企業を見ていただければと思います!

MESSAGE 応募者へ一言

弊社含め、色々な企業を見ていただければと思います!

ぜひ弊社に応募いただきたい気持ちもありますが、就職・転職活動中は色々な業界・企業をまずはご覧いただくことが良いかと個人的には思っています。
例えば仮に弊社だけを見るよりは、他のコンサルタント会社も見てみることで各企業の特徴も際立ち、自分がどこに惹かれるのかも見えてくるかと思います。
弊社では面接前にカジュアルな形でお話しする機会も設けており、ふとした疑問から詳細まで気になる箇所は色々聞いていただければと考えています。
各社員とも各々が感じるやりがいをお伝えすることはできますが、一番は応募される方が「あっ、ここで働いてみたいな」と直観的に感じることだと思います。それを補う意味でも、確認したい情報をお伝えしたり、面接時はお互いの価値観がマッチしているかお伺いできればと考えています。