Interview

シニアアソシエイト コンサルタント

武田 基子

Motoko Takeda武田 基子

2019年入社
前職:BtoB事業会社でのオウンドメディアディレクター

今のお仕事の内容を教えて下さい。

マーケティング・オートメション(MAツール)Marketoのシステム開発・運用を行う部門のリーダを担当しております。MAツールによるマーケティング活動を成功させるためには、専任の担当者を立てて次々と施策をこなしていく事が必要不可欠となりますが、「担当者のリソースに余裕がない」、「ツール知識習得の時間を確保できない」など、理想的な体制を整えるのが難しい企業様も数多くいらっしゃいます。そのため、私たちが不足部分を補う形で設計・開発・運用を行い、お客様のMarketo活用のお手伝いをさせて頂いております。

仕事を行う上で大切にしていることは、当然ですが、お客様の求めるものを期限内に高品質でご提供することです。しかし、ただ言われたものを作るのではなく、お客様の業務フロー全体におけるTOBEが何かを意識し、こちらから積極的に提案していく姿勢も、同様に大切にしています。また、最近ではリーダーとして、“私が”だけではなく“BA全体で”お客様に価値を届けられる状態を作れるように、社内教育の場を作っていくことを心がけています。

入社時に”BA”を選んだ理由を教えてください

前職の事業会社では、自社サイトのPV数やお問い合わせ数向上のための、企画立案~実行~分析の業務を中心に行っておりました。ある時、Webサイト運用代行の提案をした際に、先方の担当者様が「こんなことも出来るんですね」と喜んでくれたことが、事業会社からコンサルティング会社に転職するきっかけとなりました。"自分たちの経験の提供が、お客様の役に立つ"その面白さに気づけたことが理由です。

しかし、転職活動を進める内に、時短勤務という条件でのクライアントワークは受け入れられないのではないかという不安が募っていきました。そんな頃に「時短であっても、その中でお客様に対してバリューを出してくれれば問題ない」という弊社代表・横山の考えを聞いて、この会社で是非働きたいと感じBAへの入社を決意しました。


仕事と家庭の両立のために意識していることは何ですか?

仕事モードと家事・育児モードの切り替えを心がけています。

当社はお客様への貢献を最大化することを前提に、マルチワークプレイスとして、業務内容にあわせて⾃⼰裁量で最適な場所で働くことを推奨しており、私の場合は、メインの働き方として在宅勤務を選択しています。毎日オフィス出社をしていた頃と比較すると、移動時間分のゆとりが出来たことや、子供の急な病気で休まなくても良くなったことから、仕事と家庭の両立はしやすい環境になりました。ただ、仕事、家事・育児を同じ場所で行うので、その気持ちの切り替えは難しくなったと感じています。仕事に集中していて、気づけば「保育園のお迎えまであと10分しかない!」と時が過ぎていることも…(笑)

今は、空き部屋を整備して在宅勤務部屋を作ったので、部屋への入退室でオンオフのスイッチを入れ替えるようにしています。


“BAのよさ”はどのようなところだと思いますか?

BAの良いところは“柔軟性”です。

例えば、コロナ禍での対応に関して言えば、新型コロナウィルスの話題が出始めた初期の段階で、テレワークに切り替えを行ったり、アフターコロナに向けた新サービスの提供を開始しています。これだけスピード感のある動きをしている会社は周囲にも無かったので驚きました。変わりゆく状況に柔軟に対応していく事は、BAの組織だけではなく、お客様へのコンサルティングにおいても必要とされますので、私自身がBAの良さを体現できるように意識していきたいと思っています。


将来のビジョン(キャリアプラン、夢など)を教えて下さい。

コンサルタントして日々働く中で、絶えず感じることができる、この仕事の魅力があります。それは、自分自身をアップデートさせることが、お客様の満足に繋がることです。サービスやプロダクトに依らず、自分の成長次第で、社会への貢献幅が広がるというのは、コンサルならではのやりがいだと考えています。

クリティカルシンキング、ファシリテーションスキル、Marketo知識、分析技術などなど……勉強に終わりはないですが、今後も”自分が提供できるバリューは何か”を常に自問しながら、お客様に向き合っていきたいと思います。

Scheduleある1日のスケジュール

  • 6:00

    起床/就業準備

    朝は子供とヤクルトを1本飲むことからスタート。自分と子供の朝の支度をしながら、洗濯と掃除を手早く終わらせます。

  • 9:00

    就業開始

    1週間単位でスケジュールは決めていますが、緊急度の高いタスクが入ることもあるので、改めて1日のスケジュールを組み立てます。

  • 10:00

    資料作成

    定例会議用資料を作成。オンライン会議では、その場で書いて説明することが難しいので、できる限り、視覚共有できる資料を準備します。

  • 11:00

    チーム会議

    チームメンバーとプロジェクト進捗に関して打ち合わせ。コロナ渦前より直接顔を合わせる機会は減りましたが、その分小まめにコミュニケーションを取ることを意識しています。

  • 12:00

    ランチ

    今日のメニューは昨晩の残り物。時間があれば、その日の夕飯の準備を行います。

  • 14:00

    会議

    お客様とのオンライン会議。途中ネットワークトラブルで繋がらなくなることもありましたが、無事に検討課題が解決して安心しました。

  • 15:00

    Marketo設定

    お客様のMarketo環境に入りスコアリングの設定を行います。細心の注意をしながら作業します。

  • 16:30

    終業

    明日のタスクを確認して終業。洗濯物をサッと取り込んで、保育園へお迎えに。

  • 21:00

    就寝

    明日のタスクを考えながら、子供と一緒に眠りにつきます。