Interview

アソシエイト コンサルタント

武田 基子

Motoko Takeda武田 基子

2019年入社
前職:BtoB事業会社でのオウンドメディアディレクター

今のお仕事の内容を教えて下さい。

マーケティングオートメーション(MA)ツールであるMarketoの導入・活用関連の案件を中心に担当しています。
Marketoは数あるMAツールの中でも、自由度が高く多機能であることが特徴ですが、それ故に使いこなすには、ある程度の知識やスキルが必要とされます。そこで、機能の詳細説明や、実現したい施策の設計提案など、お客様の導入・活用を推進するためのコンサルティング業務を行っています。

入社時に”BA”を選んだ理由を教えてください

前職の事業会社では、自社サイトのPV数やお問い合わせ数向上のための、企画立案~実行~分析の業務をメインに行っておりました。
ある時、Webサイト運用代行の提案をした際に、先方の担当者様が「こんなことも出来るんですね」と喜んでくれた事が、事業会社からコンサルティング会社に転職する切っ掛けとなりました。自分たちの経験の提供が、お客様の役に立つ――その面白さに気づけた事が理由です。

しかし、転職活動を進める内に、時短勤務という条件でのクライアントワークは受け入れられないのではないかという不安が、コンサルティングをしたいという気持ちを段々上回り始めていました。
そんな頃に「時短であっても、その中でお客様に対してバリューを出してくれれば問題ない」という弊社代表・横山の考えを聞いて、この会社で是非働きたいと感じました。
実際に、弊社にはコンサルタント、バックオフィス関わらず時短で働く社員が在籍しているので、その安心感もあって、”BA”への入社を決意しました。


仕事と家庭の両立のために意識していることは何ですか?

最も意識していることは、上司や同僚に対する小まめな連絡・報告です。現在、週に1~2回、お客様先で作業をしていますが、子供の突然の発熱などでお休みを頂かなければいけないこともあります。
その際に、自分しかその仕事ができないといった状況を出来る限り作らないように、お客様から今どんな依頼を受けているのか、設計ロジックはどうなっているのか、などを適宜共有するようにしています。

また、家事の効率化に興味がある社員が多いので、おすすめ家電の情報はよく交換しています(笑)。今気になっているのは、イオンの冷凍ミールキットです。


将来のビジョン(キャリアプラン、夢など)を教えて下さい。

私はコンサルタントとしてまだまだ未熟な半人前なのですが、この仕事の最大の魅力を知っています。
それは、自分自身をアップデートさせることが、お客様の満足に繋がる事です。
サービスやプロダクトに依らず、自分の成長次第で、社会への貢献幅が広がるというのは、コンサルならではのやりがいだと考えています。

クリティカルシンキング、ファシリテーションスキル、Marketo知識、分析技術などなど……山ほど勉強することはありますが、今後も”自分が提供できるバリューは何か”を常に自問しながら、お客様に向き合っていきたいと思います。

Scheduleある1日のスケジュール

  • 9:30

    出社

    この日はお客様先に直行しました。案件内容はMarketo導入支援。ディスカッションを行いながら、お客様にMarketoへの理解を深めて頂きます。

  • 12:00

    ランチ

    タイミングが合えば、同僚と溜池山王ランチに出かけます。育児中だと中々飲み会に行けないので、この場で沢山話してリフレッシュします!

  • 13:30

    お客様からの問い合わせ対応

    Marketo機能に関するお問い合わせ。自分の知識で分からない箇所は同僚や上司に相談するなど、出来るだけ早い回答ができるように心がけています。

  • 15:00

    トレーニング

    Marketoは覚える事が非常に多いツールです。定期的にスペシャリストである上司が、ナレッジ共有の場としてトレーニングを開催してくれます。頑張ります!!

  • 16:30

    退社

    保育園のお迎えがあるので退社。周囲も「もう16:30になったよ~」と声を掛けてくれます。東京オフィスは溜池山王駅から徒歩2分の素晴らしい立地なので、走ることなく電車にIN。

  • 18:00

    帰宅

    子供の今日あった楽しい出来事を聞きながら帰宅。手早く料理しながら、同時並行で保育園の準備とお風呂の用意。

  • 21:00

    就寝

    基本的には、子供と同じタイミングで就寝します。頭の中で明日の仕事の段取りをしながら眠りにつきます。